引き寄せの法則

願望実現最速論。「自分の法則-基礎編-」⑤ 観念・因果関係を破壊する①

自分の法則のその⑤

こんにちは。にったんです。

では「自分の法則」のコーナー第5回目。

前回はブレインダンプで観念をあぶり出そう、そして、リスト化しておこう、というものでした。

前回↓

自分の法則のその④-2
願望実現最速論。「自分の法則-基礎編-」④ブレインダンプで観念をあぶり出す②こんにちは。にったんです。 では自分の法則の第4回、ブレンダンプ編その2です。 前回はブレンダンプってなんぞやって話でした。...

 

で、今回はその観念をぶっ壊していこうぜという話をします。

観念についてよくわからない方は前回、前々回の記事を参照してください。

観念とは簡単に言うと、「自分にとって不利な思い込み」のことです。

まずは「疑う」。自分の観念が本当にそうなのか疑ってみる。

では観念の破壊の仕方。

基本的な流としては

  1. 観念を疑い
  2. 観念(因果関係)を破壊する

 

という工程です。

まず疑うとういことですが、

観念というのはすごく強いんです。

自分の長年の思い込みやら常識やらで完全に染まっているので、心の頑固な汚れになっているんです。

で、いきなりゴシゴシ落とそうとしてもなかなか難しい。

いきなり自分の常識や思い込みを書き換えるのってハードルが高い。

なので、

まずはいきなり書き換えるんじゃなく、「疑う」というひと手間を挟んだほうが実は効果的だったりします。

つけ置きしといたほうが汚れは落ちやすいじゃないですか。それとおんなじ。

手順としてはシンプルに、

観念に気づく→本当に??と疑ってみる。というのを繰り返すだけ。

ちょっとわかりにくいので具体例を出します。

具体例:太ってるから私はモテない。という観念を疑う。

例として太っているから私はモテない。という観念を例に出してみましょう。

確かに、一般的に、常識的に考えて、「太っているとモテない」と思われがちです。

社会の常識や、自分自身の過去の経験(デブだから付き合えないと言われたとか)などで、その人の観念は構成されていきます。

そしてそれがその人の真実になってしまいます。

で、そこから脱却するために疑います。

本当に「デブはモテないのか?」と。

 

もし僕が「デブだからモテない」という観念を壊すのなら、芸人さんとか有名人、また身近な人や視界に入るカップルをまず見ます。そして疑います。

どうだろうか。

芸人のバービーさん。彼女は外国人にモテるようです。

周囲の人はどうでしょうか。

太ってるのに、たいして可愛くないのに彼氏が途切れない人とかいませんか?

そこら辺のカップル見てみてください。

男はイケメンなのに、連れている女は「釣り合わねーー」と内心思ような人も結構いるんじゃないでしょうか?

そもそも海外では肥満の女性のほうが遥かにモテる国もあります。

モーリタニアという北アフリカの国では、半ば強制的に太らされるレベルに肥満推奨の国みたいですし、

タヒチも太っている女性が好まれる国です。

 

国だけでなく、男性の好みだって千差万別ですよ。

細身が好きな人もいれば、ぽっちゃりが好きな人もいる。

というか体型とか気にしないよ。って人だって鬼のようにいる。

イメージしてみてください。

日本には、太っていうる女性とイケメンの男性のカップルがどれだけいるか。

自分の住んでいる県内では、どれだけいるか。

自分が住んでいる市にはどれだけいるのか。

絶対に一定数いますよね。間違いなく。

 

こう考えると、

「自分にもチャンスあるんじゃね?」と思えてきませんか?

最初はこんな感じでいいんです。

こんな感じで、自分の思い込んでいることに「疑い」を持ってみるんです。

自分が思っていることってほんとなのか??と疑ってみる。

コツとしては「1%」を意識すること。

たった1%でいいんです。1mmでいいんです。

ほんの少しの疑いから観念の崩壊が始まります。

 

次回、観念の破壊。因果関係の破壊。

観念に気づき、疑うことができたら、今度は観念そのものを破壊していきます。

因果関係の破壊ともいいます。

これができるようになると、メンタルブロックがどんどん意図的に破壊できるようになるので、ぜひチャレンジしてみてください。

ではまた。

次回↓

自分の法則のその⑤-2
願望実現最速論。「自分の法則-基礎編-」⑤ 観念・因果関係を破壊する②こんにちは。にったんです。 それでは「自分の法則」やっていきます。 前回からの続きで「観念の破壊」をテーマにやっていきます。...
  
ABOUT ME
にったん
潜在意識や引き寄せの知識を学び実践したところ、理想的な女性とお付き合いできるようになりました。その後結婚。子どもも生まれ、幸せな毎日を送っています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)