セルフイメージ

【潜在意識で恋愛】不安で仕方ない時にやっておきたい4つのこと。

潜在意識で恋愛。不安の対処法

こんにちは。にったんです。

僕は潜在意識を意図的に使って恋愛を成就させましたが、それまでは「不安」でいる時も多かったです。

そんな時に不安を払拭、または受け入れる考え方を持つことで「自分はこれでいいんだ」「自分は願望実現する最中なんだ」と思えるようになり、

結果その通りに願望実現していきました。

僕が意識したのは以下の4つのことです。

  1. 潜在意識や引き寄せを信じる考え方をもつ
  2. 現実がどうであれ「セルフイメージ(在り方)」を常に意識
  3. 不安な自分を許す
  4. 「何もしない」に縛られず、動きたければ動く

 

潜在意識で恋愛がうまくいくかどうか、不安になることも多いと思いますが、

だからこそ、常に自分の内面への意識に注目すべきです。

期待しても相手の態度や好意が変わるわけではありません。

だったら、自分の意識や在り方を変える以外方法はないです。

自分の意識や在り方を変えることによって、自身の振る舞いが変わってくるので、

本当に自身の望む方向に現実が動いていきます。

現実や相手の一挙一動に左右されがちですが、そういうときだからこそ、

自身の意識に注力すべきなのです。

ということではじめていきます。

潜在意識や引き寄せを信じられるような考え方をいくつかもっておく。

まずシンプルに潜在意識や引き寄せを信じられるようになるのが手っ取り早いです。

信じきれなくて不安になってるのは承知してますが、少しでも信じられたほうがいいじゃないですよね。

なので、今よりもちょっぴり「潜在意識や引き寄せ」を信じられそうな僕の考え方を紹介します。

身も蓋もない事をいいますが、引き寄せや意識に科学的根拠はありません。

ありませんが、少し、身の回りのことや自然界のことを考えると「ありそうだなと思えてきます。

そのへんの話をします。

長くなりそうなので別記事で紹介しますので、ぜひ読んでみてください。↓

(現在執筆中)

「現実」という外部ではなく、「在り方」という内面に注力する。

現実がどうであれ、自身の「在り方」を意識することがすごい大切になります。

在り方というのは「スタンス」のこと。

愛される自分でいるのか、大切にされない自分でいるか、

モテる自分でいるのか、モテない自分でいるのか、

その「スタンス」を意識することで自身の振る舞いが変わってくるので、

相手に対する接し方や対応の仕方が変わってきます。

もし現実や相手に振り回されて、あなたが「こうありたい」と思うスタンスを崩してしまうと、相手や現実のペースに巻き込まれてしまいます。

そうすると、いくらメソッドしようが水の泡になってしまう可能性がものすごく高くなってしまい、もったいないです。

よくメソッドしたら逆引き寄せが起きて不安になった!というのを聞いたことがあると思います。

僕もよくありました。

モテたいと思ってイメージングした次の日くらいに、気になってた女性に彼氏がいたとかザラでした。(笑)

でもここでアタフタするのではなく、「モテる自分はどんなスタンスなのか」を常に思い出すことが大切なんです。

  • モテる自分はどんな心理状態になるだろうか?
  • モテる自分はどんな振る舞いをするだろうか?
  • モテる自分はどんな対応をするだろうか?

 

最初は意識するだけでいいです。

これを習慣づけていくと、自分の思考・行動・反応がモテる人のそれになってくるので、本当にモテるようになってきます。

特定の人への恋愛でも同じで、

  • 愛される自分はどんな振舞いか
  • どんな対応をするのか
  • どういう付き合いをするのか

 

など、自身の「在り方」に注力しましょう。

少し意識するだけで、どんどんブレない姿勢になります。

「自分はどうありたいのか」というのが視点も大事になってきますので、

まず、「こんなスタンスの自分になりたい」というイメージをつくってから、実際にその通りに私生活を送る、ということをするのがおすすめです。

 

ちなみに僕は在り方という観点を非常に大事にしていまして、

常に「自分がどうありたいか」を意識しています。

そしてそのとおりに私生活を送っています。

なので、現実で好ましくないことが起ころうとも全く動じなくなりました。

不動のメンタルは最強だと思います。

ずっしりと構える感じですね。

不安な自分を許す。不安が起こる=願望実現が近い証拠でもある。

そもそも不安な気持ちは悪いものではありません。不安なんて実は大したことないです。

不安が不安を引き寄せてしまうのでは・・と思われがちですが、そこは開き直りと考え方でその因果関係をぶっ壊してやりましょう。

不安になるのなんて当たり前だろ。んなもん知るか。のスタンス。不安を許そう。

不安はどんな人でも湧いてきます。

スポーツ選手だろうがハリウッド女優だろうが。

こればっかは仕方ないので「開き直る」という姿勢を身につけちゃう方が楽です。

不安が不安を引き寄せてしまうんじゃ・・と無理やりポジティブになろうとしがちですけど、そんなことしなくてOKです。

思いっきり不安になって、不安を感じて、不安を吐き出しましょう。

不安になることを恐れちゃだめです。

「不安を引き寄せちゃう?んなもん知るかボケ!不安は不安なんだ!仕方ないだろ!」と開き直ればいいのです。

僕も不安になる時ありますけど、こんな感じで開き直っています。

これは「自分を許す」という発想からくるものでして、ある意味「自愛」に近いんじゃないかなと思います。

どんな自分でも許す。

不安がってる自分も、ネガティブな自分も、どんな自分も許してあげる。

「仕方ないだろ」と開き直る。

こうすることによって「安心」に繋がるんです。

安心の波動といいますか、不安⇛安心に変わるんですよね。不思議と。

だから不安を許してあげたほうが、その後不安な出来事って起こりにくいんです。

不安は願望実現の一歩手前であるという考え方

僕は不安な気持ちは願望実現の一歩手間であると考えています。

不安という気持ちは潜在意識の現状維持機能からくる感情です。

不安にすることにより、自身に変化が起こらないようにしているわけです。

ということはですよ。

逆に考えれば、不安になる=変化がある。ということになるわけです。

潜在意識ってすごく高機能です。スーパーコンピューターです。

そんなスパコンが「不安」というサインをわざわざ出してくれているんです。

ということは、その先に「変化」があるのは明白ですよね。

なので、不安=願望実現の一歩手前なんだ、と考えたほうが精神衛生上もいいです。

不安なら現実的に動いてしまってもいいと思う。

不安になったら現実的に動いていいと思います。

現実的に動いたら引き寄せじゃないじゃん。潜在意識の力じゃないじゃん。

と思うかもしれませんが、願望が叶うなら自分で動こうが引き寄せだろうがどっちでもいいと思います。

さっきの在り方の話と矛盾しそうですが、

不安で仕方ないなら、「不安を許す」という自愛の観点を優先して、

「不安を許すために現実的に対処する」という柔軟な発想がめちゃくちゃ大切です。

僕は以前、「現実的努力じゃ意味ない。引き寄せなきゃ」と謎の思考停止に陥り、不安な気持ちを無視してイメージングしてたら現実が余計悪化したことがありました。

今考えればバカだなーと思いますが、引き寄せや潜在意識に夢中になってると、なぜか視野が狭くなって、現実的に動くことに抵抗が出てきます。

そういう思考停止は本当に邪魔なだけなので。

  • どうしてもLINEの返信が欲しくて催促したい
  • 電話したいから何回もかけたい

 

みたいにどうしようもない時は「自愛」の意味を込めて動いていいと思います。

というか動くべきです。

その中で気づきや発見が出てきますから。

不安も処理の方法をわかってれば怖くない。

不安とかネガティブとかはしっかりと対処法を持っていれば怖くないです。

恋愛なんかだと特に相手の一挙一動に右往左往しがちですけど、不安なら不安を受け入れてあげてください。

不安な自分を否定しないであげてください。

自分がかわいそうです。

不安を許してあげると安心に繋がりますから、

頭を柔らかく、柔軟に対応していきましょう!

では。

  
ABOUT ME
にったん
潜在意識や引き寄せの知識を学び実践したところ、理想的な女性とお付き合いできるようになりました。その後結婚。子どもも生まれ、幸せな毎日を送っています。
この記事もおすすめ↓

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)