潜在意識

現実無視、ではなく現実逃避したら、余計に現実が悪化した話。

現実無視と現実逃避の違い

こんにちは。にったんです。

今日は現実無視と現実逃避の違いについてお話します。

潜在意識を意図的に活用する上で、現実無視はかなり重要になってきます。

現実無視というは、「現状がどうであれ、自分の在り方がブレないこと」を指します。

本田圭佑さんの子供の頃の文集とかまさにそうで、

自分が子供で、まだ未熟なのは理解しているけど、それでも自分は「世界で戦う人間なのだ」という「在り方」がありますよね。

これが現実無視の本当の意味合いです。

対して現実逃避というのは、目の前の問題に蓋をして、知らん顔することです。

例えば借金だらけでお金の返済に困っているのに、

「いや大丈夫だ。ポジティブポジティブ。イメージングしよう。引き寄せるんだ。(ヒヤヒヤ)」

「いい気分に浸るんだ。そうすれば願いは叶うんだ。。(ヒヤヒヤ)」

と、「内心ヒヤヒヤ」しながら、そのヒヤヒヤに蓋をして過ごすことです。

実はこれ、僕が過去にやったことがありまして、

現実が悪化する一方でした。

今回はより具体的なケースで、現実無視と現実逃避の違いを解説したいと思います。

すごい借金がある無職のAさんを例にしてみます。

わかりやすく、例を出します。

  • 無職
  • 借金がある
  • お金持ちになりたい

 

この人を例に現実無視と現実逃避の違いを見てます。

現実無視の場合

現実無視の場合は「在り方」がしっかりしています。↓

  • 「借金がある、しかも俺はいま無職、、だがそんな事は関係ない!俺はビジネスで成功する人間なんだ!」
  • 「俺はお金持ちになるべき人間なんだ。自分が正しいと思うことをやるぞ!」
  • 「お金はないし、むしろ借金あるけど、俺がお金を稼げる人間だということとは関係ない!」

 

とまあこんな感じ。

現実としては借金もあるし、無職なんだけど、

自分のあるべき姿、ありたい姿、で「在り」ますよね。

そしてさらに、「自分の感覚に従う」ということもできています。

つまり、自分の在り方、セルフイメージがしっかりしていて、

さらに感覚にしたがい、やりたいとか、やろうと思ったことに忠実に従う姿勢があります。

これがとても大切なのです。

在り方、セルフイメージ。そして「感覚」に従う勇気。

 

ちょっとつっこんだ話になりますが、

セルフイメージや在り方が整ってくると、潜在意識が色々助けてくれるようになります。

例えばアイデアが湧いてきたり、たまたま必要な人物と出会えたり、重要な情報を手に入れたり、

もしくは荒療治ですが、あえて「ピンチ」な現実を引き起こして、行動せざるをえない状況をつくったり、そういうことが結構多いです。

だから、湧いてきた欲求や興味出てきたこと、ふと思いついてもの、

インスピレーションに従うというのがものすごい重要なんですよね。

(セルフイメージが低いと、俺には無理・・・と、せっかく湧いたインスピレーションもスルーしてしまうから、セルフイメージをあげるのがとても大切なのだ。)

現実逃避している場合

現実逃避している場合は、表では「ポジティブポジティブ!」とか思っていながら、内心超ビクビクしている状態。

「ネガティブはよくないネガティブはよくない」と蓋をしている状態。

  • ネガティブなこと考えちゃだめだ・・ポジティブポジティブ・・
  • イメージングしよう・・ポジティブポジティブ・・
  • 信じれば絶対に叶うんだ・・いい気分に浸ろう・・

 

みたいに、自分の在り方がまったくなく、

ただ「助かろう」としている精神状態。これは現実逃避に当たるし、

このまま放置していれば間違いなく現実は悪化していきます。

潜在意識がなんとかしてくれるはずなんだ、引き寄せがなんとかしてくれるはずなんだ、

というビクついた心だとアカンよということです。

僕は現実逃避をして現実悪化したことがある。

僕は以前現実逃避したことがあります。

ちょうど例に出したように、無職で金がない状態。(借金はなかったけど。)

この時に、

  • 「大丈夫大丈夫、いい気分に浸ればいいんだ」
  • 「ネガティブじゃだめだ。ポジティブになるんだ」
  • 「不安に思わないようにしよう(←と思っている時点でめっちゃ不安を感じている)」
  • 「きっと何か良いことが起こってくれるんだ・・」
  • 「きっと何かが自分を救ってくれるんだ・・」

 

みたいに、不安なのにその上に無理やりメソッドとかポジティブとかをかぶせていくような感覚でした。

これは本当にアカン。

現状が悪化するどころか、精神病みそうでした。

後日談ですけど、結局その後焦りに焦ってふつーに仕事をし始めました。

この時すごく嫌だったんですよ。ものすごく仕事したくなかった。

でも仕事を始めると、当然お金が入ってくるから精神的に安定してきて、そこから色々やりたいことが見えてきたりしました。

安定した精神状態>>>>願望実現

一番大事なのって精神状態です。間違いなく。

潜在意識を意図的に使うにも、ある程度精神が安定していないとかなり厳しいと僕は思います。

精神的に焦りまくって、どうにもこうにもヤバい!って時は、さすがに現実無視とか言ってられません。

対処すべきところはきっちり対処する。(現実に向き合う)

精神の安定>>>>願望実現 です。

まず、自分の精神を落ち着かせること第一にして、落ち着いたら願望実現を考えるのがベター。

Aさんの例で言うなら、

在り方もないし、内心焦りまくっているなら、

潜在意識や引き寄せの力でお金をどうにかしようとするんじゃなく、

まず自分の精神が落ち着くことを最初にやる。

その後に、「お金持ちになる」という願望を叶えるべく、

セルフイメージ上げたり、自分の本音本心を深堀りしたり、

メソッドをすればいいと思います。

 

ちなみに、僕はすごく仕事したくないけど、自分の精神の安定のために仕事をはじめたら、

それがきっかけで、ものすごく仕事ができるようになり、かなり自信になりました。

社内のとあるコンテストで全国5位になりましたし。

それくらい当たり前でしょ、ってくらいのセルフイメージなので、当たり前といえば当たり前ですが。

仕事する前と今とじゃ段違いに自信満々です。(笑)

 

さっき軽く触れた、

「潜在意識のサポート」かもしれませんね。

あえてやばい現実見せて、行動を促すという。

結果僕自身を自信満々の人間に仕立て上げるという。

僕の潜在意識はかなりスパルタなのかもしれません。(笑)

 

とにかく、

潜在意識を意図的に使うには、現実無視がとても重要になりますが、

現実無視をするには、しっかりと「在り方」を整える必要があります。

で、在り方を整えるには、自分の本音や本心を深堀りして、自分のありたい姿がなんなのかを知らなければいけません。

つまり自分自身に向き合わなければいけません。

逆に、自分に素直になって、自分がどうなりたいかを理解して、

自分の中の観念を排除しつつ、セルフイメージを上げていけばどんどん在り方が定着してくるし、それに合った現実が展開されます。

面白いですよ、潜在意識。

その潜在意識をめいっぱい意図的に使えるようにしてやりましょう。

絶対楽しいんで。

でもその前に、精神状態が悪いなら、

早急に精神が多少でも安らぐことをしましょう。

安定した精神は、より良い結果を生みます。

ぜひ参考にしてみて下さい。

ではまた。

  
ABOUT ME
にったん
潜在意識や引き寄せの知識を学び実践したところ、理想的な女性とお付き合いできるようになりました。その後結婚。子どもも生まれ、幸せな毎日を送っています。
この記事もおすすめ↓

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)