潜在意識

「潜在意識を信じる」ってなんか違くない?という話。

潜在意識を信じる???

こんにちは。にったんです。

今日は「潜在意識を信じましょう」について物申したいと思います。

僕は「潜在意識を信じる」という言葉にすごく違和感がある。

というのも、どこか「自分以外の何かを信じるように」と言われているように感じるからだ。

それって結局「潜在意識が何かをもたらしてくれる」みたいな発想になり、意識が「外部」へと向かってしまう。

僕的に潜在意識を活用するというのはそういうことじゃなく、もっと自分の内側に意識を向ける感覚、

もっというと、「客観的に自分を知って」「その自分から抜け出す」ということを意図的にすること。

潜在意識って別に特別なものではなく、誰にでも備わっているし、ごくごく日常的なもの。

潜在意識をスピリチュアル的に捉えるのも間違いではないが、僕は「リアルで使える」ことを重視している。

あくまで「現実を変える」ことにフォーカスすべきだから。

僕は霊的なものを信じているし、宇宙のエネルギーとか、目に見えぬ力も当然存在していると思っているし、強力な力もあると思う。

それを活用するのもとても素晴らしいことだと思うし、使えるなら使うべきだけど、

「現実を変える」ことにフォーカスしたら、ちょっと現実味がないんじゃないかな?とも思っている。

これらは「幸せな思考」に繋がり日々のストレスや不安解消にものすごい貢献してくれるのは間違いない。だから取り入れないよりは、取り入れたほうがいい。間違いなく。

問題はそこからで、「いい気分になれるようになったけど、でも現実は。。」となってはとてつもなく勿体ない。

結局現実が変わらないから、以前よりかはネガティブにならなくなったけど、でも堂々巡りをしている気がする。ということになる。

それは勿体ない。

僕はあくまで「リアル」を変えることに意味がある、と思ってる。

だから「潜在意識を信じる」という表現だと、

結局「自分は変わってないやんけ」と思ってしまうのだ。

ものごとがうまくいく本質は「今までの自分を抜け出すこと」。これに尽きる。

今までのショボい自分から抜け出して、グレードアップした自分で生きるということ。

今までモテなかったとしても、「モテるであろう自分」で生きるということ。

「自分はモテない」と思っている人が、自分を変えずになんとか頑張って女の子にアタックしても、その後の成長の伸びが期待しにくい。

キモがられてショックを受け、余計自信を失い、より「自分はモテない」を強化してしまう。潜在意識に植え付けてしまう。

せっかく頑張る気があるのに、もったいなすぎる。

そうじゃない、まず「過去の自分から抜け出す」そして「未来の自分基準で生きる」という発想が必要。

・・・・

モテる自分ってどんな奴なんだろう、どんな態度・どんな雰囲気なんだろう。

まてよ、今の自分はまるで違うよな。。。

モテる自分はもっと女の子と目を見て話すぞ・・?で今の自分は。。

そうか、今までは女の子の前でキョドってしまっていたな・・

なんでキョドるんだろ、、女性に対して苦手意識があるんだな。。

そりゃそうだよ、過去に振られ続けたんだもん・・しょーがねーよ。でも、やっぱ変わりたいな。

とりあえず、未来に自分は「女の子の目を見て話す」が普通にできているな。。

そしたら、とりあえず「練習」でもするか。。

いきなり女の子だと緊張するから、とりあえずパートのおばちゃんで実験するか。

慣れたら、、失礼だけど、あまり好みじゃない女の子で実験して、、

次は可愛い子で試してみるか・・・。

今までずっと過去の自分のままで頑張ってたから、あまり成長できなかったんだ。

だったら、過去の自分がしなかったことを、逆のことをしてやろう。

・・・・

↑これは実際に僕がやってたことだが、「過去の自分を抜け出す」という視点を持つと、今までの比じゃないくらい成長できる。

僕は少し前まで、女の子と会話するのが本当に苦手だった。

でも今じゃ可愛い女の子でも余裕で会話できる。

それも自然体で。自分のキャラをだして。

僕は「真面目君キャラ」だったんですけど、それが大嫌いで、

高田純次さんのようなユーモア溢れる、いい意味でテキトー人間になりたいなと思って、

モデリングをしていた。

そしたらテキトーキャラの方が、むしろ人間関係がものすごくよくなって、

素の状態がかなりテキトーになった。

そういう自分の姿に「俺っていいやん」という感情が芽生え、セルフイメージが書き換えられた。

そしてその素の状態で会話ができるようになった。

プライベートでは下ネタとか、くっだらない会話もめちゃくちゃする。以前はまるでできなかったのに。

こんな風に、過去の自分から抜け出すと、可能性が思いっきり広がる。

つまり何が言いたいかというと、

僕は潜在意識を信じることをしたんじゃなく、

過去の自分を抜け出し、そして自分に自信を持ち、自分を信じられるようにした。ということ。

あくまで信じるのは「自分」だということ。

そのツールとして、「潜在意識」や「引き寄せ」があるのだということ。

極論、潜在意識や引き寄せなんてなくて使えなくても別にいいんです。自分に自信もてれば。

でも現状なかなか難しいし、

潜在意識的視点や、引き寄せ的思考を持つと自分を変えやすいから、

うまく活用していこうね、ということなのです。

スピリチュアル的視点を否定する気はないし、むしろ楽しいのなら楽しむべきだけど、

現実を変えたいのなら、「リアル志向」も取り入れるべきだよ、というお話です。

 

ではまた。

  
ABOUT ME
にったん
潜在意識や引き寄せの知識を学び実践したところ、理想的な女性とお付き合いできるようになりました。その後結婚。子どもも生まれ、幸せな毎日を送っています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)