引き寄せの法則

自己否定するくらいなら、自分原因説なんてシカトしていいと思う。

自分原因説はシカトすべき??

こんにちは。にったんです。

今日は自分原因説についてのお話。

今日伝えたいことはこれ。

「自己否定するくらいなら、自分原因説なんてシカトしてしまえ!」

ということ。

僕は自分原因説が大嫌いだった。自己否定しちゃうから。

僕、自分原因説って大嫌いだったんですよ。

なんか自分を否定されている気分になるんですよね。

いや、自分原因説って正しいんですよ。

今なら正しいと思うし、自分が自分の現実を創っている感覚があるし、現実は自分の内側から創られているのが実感としてあるから、

確かに現実は自分原因だなーと思いますけど、

当時の僕はそれを受け入れられなかった。

どうも真面目に考えすぎてしまうというか。

自分原因→自己責任→自分のせい→自分が悪い

みたいに、どんどん自己否定に繋がってしまったんですよね。

自己否定しちゃうくらいなら、自分原因説はシカトしていいと思ってる。

潜在意識や引き寄せの話で、自己否定すべきでない、というのはよく聞くと思いますが、

それと逆行しとるやんけ、と思ったわけですよ。

あと、とにかく自分が悪い、というのを認めたくなかった。(笑)

だから、とりあえず僕はシカトしときました。

じゃないと自己否定しちゃうから、よろしくないなーと思って。

で、まあシカトしてても結局願望は実現しました。

 

何が言いたいかというと、

たとえ正論をぶつけられても、自己否定してはならんですよ、ということが言いたいのです。

自分原因説って正しいと思うけど、

嫌な現実を目の当たりにしている人からすれば、これほど認めたくないものはないと思います。

だってそうでしょ。

目の前の嫌な現実は、あなたが創ったんです!!(ドン!!)

なんて言われても腹が立つでしょ。(笑)

僕は腹がたったし、確かに正論で、間違ってないからこそ、認めたくなかった。

 

いいんです。一旦無視して。

自己否定に入るくらいなら、そんなもん知るか!というスタンスで自分原因説なんて忘れてしまえばいい。

というか、自分原因説は「うまくいった人間」だからこそ理解できる話です。

僕自身は恋愛でもうまくいったし、仕事やライフワーク面でも徐々にうまくいってるから、

自分原因説は納得できますが、

うまくいってない時にそんなこと言われてもしっくりこないのは当然なわけで。

理解できないものを無理に理解する必要はないし、

それで自己否定に入るくらいなら理解なんてしないほうがマシです。

 

僕は潜在意識やセルフイメージを意図的に活用することで恋愛をうまくいかせましたが、

とにかく自己否定をすることを避けていました。

自己肯定しまくるようにしていました。

今でも自己肯定しまくっていますが、

それは自己肯定こそがセルフイメージ爆上げの鍵だと思っているからです。

いかにセルフイメージをあげるかが大切なのに、

自分原因説を知って自己否定に入っては意味がないのです。

自分原因といえど、あなたが「悪い」わけじゃない。下手だっただけ。

先程も言いましたが、自分原因説は正しいと思います。

でもそれで自分を否定してしちゃアカンです。

というか、自分原因といえど、別にあなた自身が「悪い」というわけではないんですよ。

原因は自分自身だけど、悪くはない。

ちょっとニュアンスが伝わりにくいが、

単純に現実創造がちょっと下手だったね、というレベルのお話なんです。

 

現実はキャンバスです。心のキャンバス。

心に描いたものが、現実として現れる。

もし目の前の現実がロクでもないなら、単純に下手くそな作品を創ってしまったまでの話です。

そんなのは上手になって新しく創り変えればいいんです。

 

子供が下手くそな絵を描いたら怒りますか?

「こんな下手な絵描いて!あんたは悪い子ね!!」って言いますか?

言わないですよね。

よくできたと褒めてあげるだろうし、

例え下手くそでもなんか可愛いじゃないですか。

これからどんどん上手になるように、色々世話焼いてあげたくなるじゃないですか。

 

おんなじですよ。

下手な現実創ってしまっても、自分を悪い子扱いする必要なんてないんですよ。

いいじゃないですか。

ちょっと下手だったね。テヘペロ。で。

真面目にガッツリ落ち込むほどのことじゃないですよ。別に何も悪くないんだから。

 

現実っていうのは自分が生み出した芸術ですよ。

今見ている現実は、今までの自分が創り上げた作品です。

下手くそだな、気に食わねーなと思うのなら、上手になればいいだけのこと。

むしろ伸び代あって上達のしがいがあるじゃないですか。

 

だから、自分原因説を知って落ち込む必要ないです。

練習すればどんどん上手になりますから。

 

ま、というふうにですね、

僕は自己肯定感が強いので、自分原因説も都合よく解釈するわけです。(笑)

とりあえず、

自分原因でも自己否定する必要はないいだぜ、否定するくらいならシカトしちゃおうぜ!というお話でした。

ではまた。

※追記 自分原因説の戦争や災害について。

自分原因説って災害とか戦争とかも自分の意識から引き起こされてるのか?と疑問に思う人も多いと思いますが、

僕はそれについては「わからん。」と思っています。

ちょっとマニアックな話で、集合的無意識がーとか、過去世がーとかありますが、

そんなものいくら考えてもわからんし、自分のコントロールできる範疇を超えすぎているから、そもそも考えても意味ないと思います。

僕も引き寄せを学び始めた時すごく疑問に思ったんですよ。

子供の頃の嫌だったこととか、戦争とか、災害で苦しんでいる人たちも、

全部自分が引き寄せたの??って。

でもそんなこと考えるととても気分がすぐれないというか、なんか意味不明に落ち込むじゃないですか。

だし、考えてもわからんし、

僕の目的はあくまで自分が幸せになることだったから。

引き寄せや潜在意識の博士になることじゃなかったから、自分の範囲を大きく超えたものは深く学びませんでした。

もし僕が「災害や戦争も引き寄せの原因なのか?」と聞かれたら、

「知らん。」って答えるし、

「むしろランダムなことだらけだし、必ずしも全てに因果関係があるわけじゃないんじゃないの?」

と答えると思います。

 

実はつい最近(2019/10/12)の台風19号で、僕は少し避難所生活をしていました。

幸い水害もなく、今はふつーに生活できていますが、

引き寄せとかにどっぷり浸かっている人は、

この台風も「自分が引き寄せたんだ・・」とか考えてるのかなーとふと思ったりもしました。

そんなわけがないし、そこまで自分のせいにしたら精神破綻しますからね。

過去の僕もあれこれ考えすぎてやばかったのでよくわかりますけど。

とにかく、

自分原因説なんかで自分を否定するなよ!ってことです!

以上。ではまた。

 

  
ABOUT ME
にったん
潜在意識や引き寄せの知識を学び実践したところ、理想的な女性とお付き合いできるようになりました。その後結婚。子どもも生まれ、幸せな毎日を送っています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)