潜在意識

幸せな恋愛を実現できる人とできない人の「決定的な違い」とは?

こんにちは。にったんです。

今日は「幸せな恋愛」を実現できる人とできない人の「決定的な違い」について話していこうと思います。

自分で言うのもあれですが、僕と奥さんはかなりラブラブです。

もちろん新婚というのもありますが、お互いの信頼もありますし、なにより純粋に「仲良し」です。

  • 価値観が合う
  • ほどよい距離感がある
  • 互いに感謝の言葉をよく言ってる
  • ラブラブ、でもベタベタしてない
  • 「不安」という感情がない
  • くだらないことで笑える、「軽い波動」「軽い空気感」がある
  • 重い感じにならない
  • (今の所)喧嘩したことがない
  • お互いがお互いを支え合う

 

など、かなり「安定」「安心」した関係性であります。

じんわりと温かい、幸せな仲です。

 

で、今日話したいのは、なぜそのような関係になれたのかです。

ここには明確なポイントがあります。

そのポイントとは、「恋愛の在り方の意識」です。

 

恋愛の在り方とは、簡単に言えば「どんな恋愛をしたいか」「どんな恋愛なら幸せを感じられるか」という価値基準みたいなもの。

この恋愛の在り方を持っているか持っていないかで、「恋愛の質」が大きく変わってしまいます。

早い話、

  • 愛し愛されて、ラブラブで仲良しな関係か
  • はたまた、相手のことが大好きなのにも関わらず、常にどこか恐怖を感じる関係になるか

 

という風に、同じ恋愛関係でもその質が大きく変わってしまうのです。

 

以前の僕は「恋愛の在り方」を意識したことなんかなく、大変痛い目にあいました。

  • 好きな人に大切にされている実感がない
  • こんなに思っているのに、気持ちが伝わらない
  • 相手は本当に自分のことを好きでいてくれているのか、すごく不安
  • メール・LINEの返信が遅くてモヤモヤさせられる
  • デートの約束前日にドタキャンされて、「やっぱ好きじゃないんだ」と落胆する
  • 「フラれるんじゃないか」と常に不安でいっぱい
  • 嫌われないように、常に相手の顔色を伺う自分がいる
  • 自分だけが空回りして、虚しくなる

 

など、彼女はいるものの、とても安心できるような状態ではありませんでした。

そして、その不安な心は現実化し、

「フラれる」「拒否される」

という残酷な現実を見事に再現してしまいました。

 

「現実は心(潜在意識)の鏡」と言われますが、まさにそのとおりで、

自分の心の奥底の不安・不信をしっかりと創り上げてしまいました。

 

では、そうならないためにはどうすればいいのか、というと、

「恋愛の在り方」を自分の中で明確にする必要があるんです。

 

恋愛の在り方は自分の中にある絶対的な「基準」です。

絶対に妥協してはならない、最重要ポイントです。

ここを明確にして、「絶対基準」をつくり、そしてそれに合わせて「自分を変えていく」ことがとても重要になるんです。

 

僕は過去の辛い恋愛経験から、「もう二度と辛い恋愛はしない」「絶対に幸せな恋愛を実現してやる」と誓い、恋愛の在り方を意識するようになりました。

例えばこんなことを妥協しない「絶対基準」にするようになりました↓

  • じんわりと温かい恋愛をする
  • お互いがお互いを尊敬できる関係になる
  • いつまでも仲良し関係でいる
  • 重い恋愛は絶対嫌
  • 相手にビクつく恋愛は絶対嫌
  • 不安になる恋愛は絶対嫌

 

この基準を設けたことにより、「私生活レベルでの変化」が起こるようになります。

例えば

  • じんわりと温かい恋愛をするには、どんな自分でないといけないか
  • 重い恋愛が嫌なら、普段からどう立ち回るべきなのか

 

このように「自分の内面での変化」を常日頃から考えるようになります。

そして僕はそれを実際の行動に移して、例えば、

  • 好きな人の事ばかり考えないように、あえて趣味や仕事、友達と遊ぶことに意識を向ける(恋愛に重くならないようにするため)
  • 相手の気持ちを理解することは不可能だから、いい意味でテキトーになるよう意識するとか

 

こんな感じで、地味ですが「日頃からの小さな意識の積み重ね」をしてきました。

自分の求める在り方に沿って、意識を変え、現実への行動・対応をする。

これが潜在意識の書き換えの真髄です。

 

僕がメソッドにこだわっていないのは、本質的に潜在意識を書き換えることを意識しているからです。

メソッドはあくまでも補助的役割で使ってもらえたら良いんじゃないかなと思っています。

 

 

僕らの脳みそ(潜在意識)は過去のループが大好きです。

過去の失敗を繰り返そうとするし、同じ轍を踏もうとするし、過去と同じパターンにハマろうとするし、

幸せか否かは関係なしに、「過去と同じレール」を辿ろうとします。

しかも自覚なしに、知らぬ間に。

 

これは脳みそ(潜在意識)の特性上当たり前なんですが、

でもそれを放置してしまうと、

  • 過去の負の恋愛パターンから抜け出せない
  • いつもフラれる側
  • 付き合うといつも自分だけが空回りしてしまう
  • 常に自分が追う側で疲れてしまう

 

といった、過去のダメパターンに見事に捕まってしまいます。

皆さんも思い当たるフシがあるかもしれません。

 

じゃあどうすればその負のループから抜け出せるのかと言うと、

「過去と同じ失敗を繰り返してたまるか」という意識、つまり

「自分が求める恋愛の在り方」を意識することがとても大切になるんです。

潜在意識・引き寄せのメソッドをするとか、それ以前の、それ以上に重要なことです。

 

最近、多くの方から恋愛相談メールを頂きますが、

やはり恋愛でうまくいっていない方に共通するのは、

「過去のループに囚われてしまっている」という点です。

しかも、意外とそれに気づいていないパターンがとても多いです。

 

  • いつも不安になってメールやLINEを送りまくってしまうとか、(その結果既読スルーされたり)
  • 「彼に嫌われないように」という軸で自分の在り方を決めてしまっていたりとか、
  • 「愛されていない」ことにばかりフォーカスがいき、少し彼にそっけなくされると、「やっぱり愛されていないんだ!」と愛されない証拠集めをしてしまったり。

 

こういう「いつもこうしてしまう」「こうなってしまう」というループを断ち切らないと、仮に復縁に成功・新しい出会いがあっても、

フラれる・嫌われる・満たされない恋愛、という同じ結末に収束してしまうんですよね。

 

やっぱり、好きな人に嫌われるのってイヤじゃないですか?辛いじゃないですか。

不満足な恋愛、不安定な恋愛、不安になる恋愛なんて、楽しくないじゃないですか。

二度と辛い思いなんてしたくないじゃないですか。

 

ならば、やはり「過去から抜け出す」ことが必要になり、

「恋愛の在り方」を意識することが必要になり、

そしてそれに沿って「私生活を送る」ことが必要になるんです。

 

なので、改めて自分がどんな恋愛を望んでいるのか?

どんな恋愛がよくて、どんな恋愛がいいのかを明確にしましょう。

常に好きな人の怯える恋愛がいいですか?

信頼・絆を感じられる、力強く温かい関係がいいですか?

 

恋愛の在り方は1日そこらでは見つかりません。

何日かかってもいいので、徐々に恋愛の在り方を見つめてみましょう。

そして、恋愛の在り方がわかってきたら、

「その恋愛をするにふさわしい自分とはどんな自分か?」を意識して、それを私生活レベルに落とし込みましょう。

それを繰り返していくと、根っこの部分から変えられます。

潜在意識書き換わります。

今までの恋愛とはまるで別の恋愛を体験することができるようになります。

むちゃくちゃ愛を感じ、じんわり温かく、ただ一緒にいるだけで幸せ、そんな人と人生をともにすることができるようになります。

 

ぜひ意識してみて下さい!

ではまた。

  
ABOUT ME
にったん
潜在意識や引き寄せの知識を学び実践したところ、理想的な女性とお付き合いできるようになりました。その後結婚。子どもも生まれ、幸せな毎日を送っています。
この記事もおすすめ↓

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)