にったんの理念

にったんの理念。「メンタル鍛えて現実変えよう。」

にったんの理念

こんにちは。にったんです。

今日はこのブログのコンセプトや僕自身の理念を語っていこうかなと思います。

僕がこのブログを通して一番伝えたいことは

「メンタル鍛えて現実変えようぜということです。

メンタルを鍛えるとは、自分の本心本音に従ったり、固定観念に気づいたり、潜在意識を活用したりと色々な意味がありますが、

要は自分の内側から変えて、「キッチリ現実に反映させようぜ」ということです。

メンタル鍛えるとマジで現実変わります。(鍛えると言っても「柔軟性を持たせる」という意味ですが。)

現実を変えるには「行動」が必要だって、自己啓発の本に書かれて耳タコだと思いますが、

行動ってなかなかできなくないですか?

昔の僕は「行動」とか「努力」とかめちゃくちゃ嫌いでした。

というのも行動・努力してもまるで報われなかったからです。

「行動しろ行動しろ」って本でもyoutubeでも言われますけど、

わかっちゃいるけど、それができなんだよなーっていう。

僕の場合は失敗体験に失敗体験を重ねて自信なんて皆無だったんで、「行動の無力さ」を痛感してました。

で、僕は「もう無理。頑張りたくない」という理由から精神世界やメンタルの世界に興味が湧くようになり、そこからメンタルを鍛えるようになったんですけど。

めっちゃ変わりました。

どう変わったかと言うと、

「彼女なし実家ぐらし半ニート」⇛「結婚して子どももいて仕事バリバリしているパパ」になりました。

暗くジメジメ・ウジウジした現実が、明るくハキハキ、ハツラツとした現実に変わりました。

僕はこの経験から、

「メンタルを鍛えるだけでエゲツないくらいに現実が変わる」ということがわかりました。

「メンタルを鍛えたところで、行動しなかったら意味がない。だから行動しなさい」的風潮がありますけど、

逆です逆。行動できないんだったらメンタル鍛えようぜってことなんです。

メンタルを鍛えると自然と行動したくなっちゃうし、その結果現実が変わるんです。

メンタルって注目はされているけど、イマイチ重要視されていない。

このブログは主に「彼氏欲しい」「彼女欲しい」「結婚したい」「復縁したい」など恋愛全般で悩んでいる人、解決したい人に向けて書いていますが、

恋愛においても「メンタルの要素」は非常に大切なのはなんとなく感じてると思います。

でも、どう良いのか?というのがボヤっとしているんじゃないかと。

そこで今回は「メンタル鍛えるのってこんなに良いことなんだぞー」ということを語っていきたいと思います。

僕は今でこそ女性相手でも普通に会話できるし、キョドることなく、自分のペースでコミュニケーションできますが、

昔の僕はそれが全く出来なかった。

でも、メンタルを鍛えたら、全然へっちゃらになった。

このカラクリの根幹をなすものは、「頑張らない、ラクをする」という視点

メンタルを鍛えると言うと、「鋼の心を身につける」みたいなイメージをしがちですが、そうじゃない。

「柔軟に、しなやかに」が大切。

これをすることで、後でまたお話に出てきますが、「固定観念」が見つかるわけです。

この固定観念っていうのが、「せっかくの行動を水の泡にする原因」なわけです。

やる気はあるのに、頑張ってるのに、「うまくいかない」という現象を引き起こしちゃう。

非常に勿体ないわけです。

で、

僕もこの固定観念に操られ、四苦八苦していたわけなんですが、

メンタルを鍛えることで現実を変えることが出来ました。

理想的な彼女が出来たし、結婚もしました。

これを読んでくれている人には、恋愛で悩んでたり困ってたりしてるかもしれませんが、

悩んだり困ったりしているということは、それは「諦めていない」という証拠なわけです。

つまり「やる気がある」ということ。

だから僕は、そのやる気をもっといい方向に向けられるように、

各々のポテンシャル、可能性を引き出せるように、そのヒントになるようにこのブログを書いてます。

メンタル鍛えれば可能性が尋常じゃないくらい引き出されます。

そして現実が変わります。

変わらざるを得ないです。

ということで今日は「みんなメンタル鍛えようぜ」というお話をします。

ちなみにメンタルを鍛えるメリットは主に3つあると僕は考えてます。

  1. メンタルは「現実世界にガッツリ影響する」から
  2. 「現実世界をより『ラク』に生きられる」ようになるから
  3. 人生が楽しくなるから

 

ちなみに僕はこのブログで潜在意識とか、引き寄せの法則の話もしますけど、それらも僕にとっては「メンタル」の一部です。

メンタルはエゲツないくらい現実世界に影響する。

メンタルを鍛える最大のメリットはここです。メンタルはエゲツないくらいに現実世界に影響する

さっきも述べましたが、僕は「行動」とか「努力」とか本当に嫌いでした。

猫も杓子も「行動行動」「努力努力」。

そりゃわかりますよ。行動すれば当然何かしらの結果がでる、そして行動し続けていればうまくいくだろうと。

でも、それが無理だった人間はいったいどーすりゃええねんっていう。

頑張っても成果でない人間に頑張れって、、そりゃちょっとキツイよな。

と僕は思っていたので、僕はあえて「頑張らない道」を選ぶようにしはじめました。

それが「メンタルを鍛える」最初の出発点でした。

頑張らない、を意識すると色んな事が見えてきました。

自分が思い込みや固定観念に縛られていることがわかったし、

何より「自分がどれだけ、自分の本音本心に素直じゃないか」がよくわかりました。

「頑張らない」を意識していると、必然的に「自分を知る」ようになります。

そうすると、だんだん自分に「素直」になってくるんです。

自分が本当は何を求めているのか、何が嫌なのか、そういう自分の「本心本音」に忠実になる。

その本音というものが「行動」の起爆剤でして、一度自分が本音や本心に気づいてしまったら、嫌でも行動したくなっちゃうという不思議な現象がおこります。

僕は本気で「彼女欲しい!」「今までバカにしてきた奴らを全員見返してやりたい!!」という本音がものすごいあったんで、

それがきっかけで、気づいたら行動しちゃうようになりました。

行動といってもそんな難しいことじゃないです。

少しでも身なりを整えたかったから、眼鏡からコンタクトに変えてみたり、

コミュ力強化ついでに美容室変えてみたり、

友達のモテ男君のモテテクを学ぶために、彼が主催する飲み会に積極的に参加してみたり、

男としても魅力を上げたかったから、イケメンスポーツであるスノボーに挑戦してみたり、、。

自分がビビッときたものをやりました。

これっていうのは僕の行動力があったからとか、そういうんじゃなくて、ただ純粋に「やってみたいな、面白そうだな」と思うことをやっただけです。

ここなんですよ。面白いのは。

自分の本音や本心に従うようになると、自然と「チャレンジしてみようかな」「興味出てきたな」「調べたくなったな」「面白そうだな」というような衝動が湧いてくるんです。

僕は「見返してやりたい」「彼女つくって自慢してやりたい」「ドヤ顔してやりたい」「羨ましいと思われたい」とか腹黒い願望だらけだったので、余計衝動が湧きました。

つまり、「メンタル」を鍛えだすと、不思議と行動「したくなっちゃう」んです。だから現実が変わるんです。

結局行動やんけ!と思うかもしれないんですけど、メンタルを鍛えた上での行動は結構楽しいものです。

だから、行動できないよーという人は、「まずメンタル鍛える」ということが僕は重要だと思うんです。

そうすることで、面白いことに「勝手に行動ができてしまう」ようになります。

イメージとしては子どもがゲームしている感じ。

子どもは勝手にゲームで遊びますけど、彼らにそれについて行動してるとか努力しているとか、そういう概念がないのと同じ。

だから知らぬ間にゲームクリアしていた(現実が変わってた)、みたいな感じになります。

つまり何が言いたいかと言うと、

メンタル鍛えればめちゃくちゃ現実が変わるよということ。

これって当たり前のようでの結構すごいですよ。

だって、今まで諦めてた道に突破口ができるんですよ。

「俺には彼女なんてできないんだ」「私には彼氏ができないんだ」「こんな自分が結婚なんて無理」という状況を打破できる可能性がグンと伸びるんですよ。

これめっちゃいいですよね。本当に。

あまり陳腐な言葉は使いたくないですけど、「可能性は無限大」なんです。

メンタルを鍛えると現実が変わる。

これが最大最強のメリットです。

半ニート男が結婚できるくらいまで成長できるのだから、メンタル鍛えるのって結構メリットあるんじゃないかなって僕は思います。

メンタルを鍛えると、人生が「ラク」になる。

メンタルを鍛えると人生がかなり「ラク」になってきます。

「ラク」というのは、感覚的に肩の荷が降りているような、ありのままの自分、本来の自分、本心本音で生きられるという感じでしょうか。

さっきも述べたように、僕は「頑張らない道」を選択するようになりました。

その結果「自分に無理させない」「自分に苦しい思いをさせない」

という考えがデフォルトになりました。

で、この考え方をベースに生きてると、自分の本心や本音に素直になれます。

常に自分が苦しんでいないか、自分に無理させていないかとか、内省的になるんです。

そうなると必然的に「自分に優しい選択」をするようになるんですよ。

例えば昔の僕は風邪を引いて体調悪くても、無理して仕事するタイプの人間でした。

「休んだら周りに迷惑かけちゃうし、気合でなんとかしなきゃ」的な。

一見美徳に見えなくはないですが、下手するとただの「自己犠牲」になりかねない発想。

僕は自分に優しくなる!と決めたので、仕事中とか少しでも体調悪いなーと感じたら、

多少あざといですが、軽く「体調悪いアピール」をして、「明日休む可能性ありまっせ」という雰囲気を作るようにしました。そして「休んでいいですか?」と言えるようになりました。

最初はもちろん嫌がられるのが怖かったですけど、それ以上に自分を犠牲にするのが嫌だったので、やってみました。

そしたら案外大丈夫で、それからは自分に無理させることはしないように、体調悪ければ休む!が普通になりました。

「なんだ。ただ独り相撲してただけじゃん。これが固定観点というやつか。なんて迷惑な!」と思いました。

僕はこの経験から、「固定観念は人生の『ラクさ』を奪う」という事が理解でき、自分の固定観念を見直すきっかけになりました。

この「ラクに生きる」という視点はエゲツなくて、まじで自分が「不必要な苦労」をしていたかがわかってきます。

拍子抜けするくらいに。

この視点で生きると「自己犠牲」「悲劇のヒロイン」なんておさらばです。

僕も以前「自己犠牲は美徳」だと思ってましたが、今じゃ「ただの自爆行為。メリットなし。」だと思っています。

だれが自己犠牲なんてするかって感じです。

そんなものしてても、誰も称賛もしてくれない。誰も褒めてくれない。感謝もされない。

昔の自分も、自己犠牲をして、その悲劇のヒロインっぷりに酔う、みたいなことしてましたが、今となってはアホだな・・と思います。

素直に自分の幸せを追求しろよ!と過去の自分に言ってやりたくなります。

ということで、メンタルを鍛えると「ラクに生きられる」、これもかなりのメリットかなと。

人生が楽しくなる。

ではメンタルを鍛えることのメリット3つめ。「人生が楽しくなる。」

メンタルを鍛えると「現実世界」が変わってくるので、純粋に人生が楽しくなります。

実家ぐらしで、彼女もいなく、バイトも怖くてできなかった半ニートの男が、

メンタル鍛えたら一人暮らし始めて趣味増えて、彼女できて、結婚して、パパになって。

めちゃくちゃリア充をかませるようになりました。こりゃ楽しくて仕方ないです。

今まで劣等感と自信のなさと、変わらない現実にうんざりしてましたが、そんなのとはおさらばです。

僕は行動が出来なかった人間ですが、メンタルを鍛えたら自然と行動が変わって、自然といい方向に流れるようになりました。

だから、特に行動できない、でも現実変えたい、という人には「メンタルを鍛える」という視点をもってもらえたら嬉しいと思います。

僕はメンタルを鍛えてから「自分の幸せを素直に追求する姿勢」になりました。

この意識は常に持っています。

他人がどうこう、常識がどうこうとかじゃなくて、

まず「自分の幸せ」を素直に追求する。

この姿勢ゆえ、今の自分があるし、これからももっと「わがままに」追求していこうと僕は思っています。

人生に遠慮なんてしません。欲張って欲張って欲張ります。

そしてそのために必要なことがあれば、僕は勉強します。学びます。

「哲也」という漫画のセリフに、

「怠惰を求めて勤勉に行き着く」というものがあります。

哲也は師匠の房州という男と、イカサマ麻雀で勝ちまくって「ラク」な人生を送っていますが、

その「ラク」のために地道な「特訓」を重ねて重ねて、勝ちを手にしています。

「ギャンブルで楽して大金せしめようとするが、そのための努力は惜しまない」とういわけです。

むちゃくちゃカッコいいです。

「ラク」を追求すると、必然的に行動が変わり、自然と成長せざるを得なくなります。現実が変わらざるを得なくなります。人生が楽しくなります。

僕はこの感覚が大好きだから、メンタルを鍛えるという行為そのものも好きなんです。

だからぜひ、「メンタルを鍛える」という魅力に取り憑かれて欲しいなと思います。

ということで、僕もメンタル教をどんどん布教(笑)していこうと思います。

ではまた。

  
ABOUT ME
にったん
潜在意識や引き寄せの知識を学び実践したところ、理想的な女性とお付き合いできるようになりました。その後結婚。子どもも生まれ、幸せな毎日を送っています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)