語りたいこと

行動すべきか否か。頑張るべきか否か。潜在意識に任せるべきか否か。その答えとは??

剛と柔

こんにちは。にったんです。

さて、ここ最近「パワー系」の記事が多かったので、

今日は久しぶりに「柔軟系」の記事を書こうと思います。

今日は「対極の思考に囚われるな」「常に自分の感覚にアンテナを張るべし」という話をします。

 

考え方に表や裏、陽や陰といった、対極的な考え方がある。

例えば行動すべきか、すべきではないか、みたいな。

この答えは「その人本人のレベル、段階、状態」などが絡まり、

一般論としては語りにくいものがある。

 

つまり、一次的な情報を鵜呑みにして、

自分の行動や思考、スタンスをブレさせてはいけなのだ。

 

わかりやすく例えるなら、

「このラーメン美味しい?」という質問の答えは、その人本人にしかわからないということ。

美味いと感じる人もいれば、不味いと感じる人もいる。

 

行列のできるラーメン店でラーメンを食べて、

「あれ?あんま美味しくなかったけど・・」という感想を言って、周囲の人間に「お前の舌はおかしい!」と言われたとしても、その意見は正しくないということ。

つまり、「不味いと感じたあなたの感覚は何も間違ってはいなく、むしろ大正解だ」ということ。

もっと言えば「人それぞれ」ってこと。

 

こんなの当たり前に思うかも知れないけど、

こと「人生」に話が移ると、途端に自分の感覚が信じられなくなる。

 

「これはすべきか?」「あれはすべきか?」と右往左往してしまう。

特に潜在意識や引き寄せなんかそう。

行動したほうがいいのか、しないほうがいいのか?

このまま潜在意識に任せっきりが良いのか?それとも自分でどうにかしたほうがいいのか?

努力はしたほうがいいのか?しないほうがいいのか?

などなど。

 

前置きが長くなったけど、

今日話したいのは、

常に「自分の感覚アンテナ」を最大限に張ろうね、そして強さ及び柔軟さで対処しようね、ということ。

自分を導けるものは「自分の感覚」と「選択」しかない。

僕がこのブログで喋っていることは、役に立つかも知れないし、

人によっては「毒」になりうるかもしれない。

 

それを決めるのはあくまで自分。

全て自分自身。

 

僕はこのブログを読んでくれる人、関わってくれる人に「強靭(きょうじん)」になって欲しいと思っている。

強靭とは、強く、靭(しな)やかなことを言う。

ただ強いのではなく、柔軟であって欲しい。

剛と柔を併せ持って欲しい。

そんな思いが湧いてきたので、ちょっくら書いていきます。

頑張るべきか、否か。

僕は頑張るべきだと思うし、頑張るべきじゃないと思っている。

例えば仕事に関すること。

頑張るべきじゃない。

仕事が辛くて辛くて仕方がない。ってときは、

それ以上頑張るべきじゃないと思う。

だって「苦しい」んだから、それ以上やると「不幸の選択」をしていることになる。

だから頑張るべきじゃない。

そんな時は「頑張る」という定義の見直しや、自分の観念に気づき、どんな思い込みがあるかを丁寧に探っていく。

そして自分が「ラク」になる考えを採用する。

頑張るべき。

対して、昔の僕みたいに仕事したくない。なぜなら仕事が怖いから。

でも仕事してない罪悪感と情けなさに推し潰れそうだ、

って時は、「気合と根性で頑張る」べきだと思う。

だって「罪悪感と情けなさ」に「辛さ」を感じているんだから、それ以上放置していると「不幸の選択」をしていることになる。

だから死ぬ気で頑張るべき。

 

ちなみにこの、「自分の見たくない姿を見ぬふりする系」のやつは、時間が経てば立つほど、どんどん大きくのしかかってくる傾向にある。

夏休みの宿題をやらなきゃと思いつつ、罪悪感を感じつつ遊んでしまう感じ。

それは「ツケ」となって返ってくるパターンのもの。

早急に「頑張る」べきもの。

目をそらそうとしても、チラチラと気になる存在は、放置してはいけないということ。

逃げるべきか、否か。

僕は逃げるべきだと思うし、逃げるべきじゃないと思う。

今度は人間関係を例にしてみる。

逃げるべき。

自分が所属しているグループ(仕事でも趣味でも)の人間関係に疲れた。もう他人に気を使うのは嫌だ。逃げたい・・でも逃げて良いのだろうか??

という時は全力で逃げるべきだと思う。

だって人間関係に振り回される「辛さ」を感じているから。

他人に振り回される不幸を選択しているのだから、逃げるべき。

 

この場合は「逃げる」ということに「悪い」という価値観がセットになっているから、

それを「逃げてもええんやで」という感じで処理する。

つまり「心のラクさ」を作るということ。

逃げるべきではない。

では、違うパターン。

本当はもっとグループに関わりたい。グループの中心人物になりたい、チヤホヤされたい、もてはやされたい、でも怖い、、、自分なんかがしゃしゃり出たらウザがられるのでは?

てか相手にどう思われるか気になって、自分をうまくだせない。。

って時は逃げるべきでは無いと思う。

だって「本当は頑張りたいけど、頑張れない情けない自分」に「辛さ」を感じているから。

これはしっかり立ち向かうべきだと思う。

 

この場合は具体的に、なぜ自分がグループに馴染めないのかを洗い出して、

それを克服していく。

自分に自信がないからなのか、自分が嫌いだからなのか、気にしすぎる性格だからなのだろうか。

どちらにせよ、「自分を改善する」という立ち向かうスタンスでいるべき。

『剛と柔』の考え方。自分の感覚を大事にすべし。

ざっくりとした例だけだったけど、

僕が言いたいのは「自分の感じ方別に対処を変えろ」ということ。

一概に頑張れ、行動しろ、とも言えないのだ。

ラクが良いよ、ラクを選択しよう、とも言えないのだ。

 

重要なのは、自分がどんな「苦痛」があるかだ。

自分を苦しめている系の苦痛なら避けることが必要(柔の考え方)だし、

臭いものに蓋をしようとしていることに苦痛を感じているなら、それを真正面から克服する事が必要(剛の考え方)。

 

これが僕の持っている『剛と柔』の考え方。

強さをもって克服するのか、柔軟さをもってしてかわすのか。

その判断は、その個人が感じている「感覚」次第なのだ。

 

だから「自分の感覚に最大限アンテナを張ること」が大事なのだ。

ラーメンと同じで、その事象に対してどのように感じているかは、その人しかわからない。

だから僕は「自分と向き合え」といつも主張しています。

自分がどう感じているかが全てなんです。

 

ということで、

僕はブログ内でふつーに矛盾したことを発言しますが、

根底にはこういう「剛と柔」の考え方があってのことです。

 

一次的な情報に惑わされず、常に自分がどう感じているかを、しっかり見ましょうね!

ということで今回は以上です。

 

ではまた。

  
ABOUT ME
にったん
潜在意識や引き寄せの知識を学び実践したところ、理想的な女性とお付き合いできるようになりました。その後結婚。子どもも生まれ、幸せな毎日を送っています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)